読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生をかけることの意味

「好きなことを仕事にするかしないか」問題は必ず誰しもが経験することだとは思いますが

個人的には前者の考えを持っている人はしあわせな人だと思っています

おそらくその人は、「人生をかけられるほど何かに必死に取り組んだ」経験がある人なのではないでしょうか

あるいは、人生をかけるほどではなくとも、「熱中できるもの」くらいでも十分かもしれません

とにかく、(そのものが好きか嫌いかにかかわらず)死ぬほど楽しんだあるいは苦しんだ経験のある人は、「好きなことを仕事にすること」に対する恐怖心はないように思えます

というより、好きなことでなければ仕事=人生をかけるものにはできない、というか。

 

話は少し逸れますが、「頑張り方」を知っているということはとてもしあわせなことです

簡単に言えば成功体験でしょうか

 

それを得る方法のひとつが、「とにかく1科目でいいから100点をとる」こと、というのが個人的経験です

人生を決めるのは小中高の学生時代だというのは決して言い過ぎではないでしょう

そしてその要素のひとつが勉強の出来不出来ですよね

勉強(あるいはスポーツ、あるいはひとまとめに人間関係でもいいけど)ができれば人生は輝く(モテる)らしい、じゃあどうすれば、という青(性)少年(少女)たちよ

ほか全部0でいいからひとつ100とれ、と僕が担任なら言います(そして僕は偉い人に怒られる)

 

なぜなら一度100点を取れば、「頑張り方」が体感できるからです

理解できなくてもいい、なんとなく体感できれば

その感覚を知ることができれば、それをほかの教科に応用すればいい

あるいは勉強というジャンルを超えて、部活でも恋愛でも応用すればいい

「頑張り方」は換言すれば「努力の仕方」です

そしてそれはあらゆるものに応用できる、汎用性の高いものです

 

ここで話が繋がるわけですが

「何かに人生をかけたことのある人」というのは、「頑張り方(努力の仕方)」を知っているのです

つまり、その人は、ひとつの道で挫折をしてもまた違う道で必死になれる、七転び八起きさんですね。

そしてこの成功体験とともに失敗体験もしていることがさらに生きてくるのですが

あるいは苦労といった方がいいでしょうか

 

「頑張れない」気持ちがわかるんですよ

 

例えばプロ野球選手を目指して毎日練習していた人も、必ずサボった日があるんですよ

そしてその苦い記憶はずっと残るもので、だからこそ頑張れるんですけど

違う視点から見ると、頑張れていないほかの人を見たときに、「その気持ちわかるよ」って言えるんですよ

自分の弱さを知っているから、他人の弱さを許せると言いますか

あるいは「もう無理!やめる!こんなんいやだ!!」って諦めた(逃げた)人のことも、悪く言えないんですよね、だっていつ自分がそうなるかもわからないから

もしかしたらそれは過去の自分かもしれないし

 

それでですね、「何かに人生をかける」ということは、とても不安定なことでもあるんですね

 

辛いし怖いし不安だし逃げたいやめたいでも負けたくない怖いやだもう無理悔しいまだやれるふざけんな俺の方がでもやっぱ今に見てろもうやめたい楽になりたいでもこれがなくなったら俺は

 

というような無限ループの中で生きているんですね

だからその糸が切れたとき、それはそれは本当に脆い存在になるんです

 

でもそれを知らない人は、叩くんですよ、弱虫!って

例えば、

クスリなんてやるのは心が弱い証拠、クズ、失望した、とか言って

 

ええ、あなたは間違っていないですよ、彼の心は弱っているんです

人生かけてきたものがなくなって、あるいはもう人生をかけられなくなって

心はもうズタボロなんですよ

やめたからズタボロなのか、ズタボロだからやめたのか、それはどっちでもいいんですけど

 

成功体験には失敗体験が必ず伴い

成功体験に至る過程には必ず苦しみがあり

その苦しみの中で必ず弱さが芽を出し

その芽を少しずつ育てながら、あるいは摘み取りながら

いつか楽になることを夢見て、でも妥協はしたくない、死ぬまで苦しみ抜いてやるという思いの狭間で

笑いながら泣いて、泣きながら笑っている

 

そんな情景を想像できる、あるいは身をもって経験した人は

とてもしあわせな人だと僕は思います

そして、とてもやさしい人だと思います

 

ただそんなキビチー世界に足を踏み入れるのも大変ですし

だからまずは1科目でいいから100点とれ!ということになるわけです

まずはその一歩から

 

 

ということで

何かに人生をかけている人たちを描いた作品であり、そんな彼らの強さと弱さを、目を背けずに描ききっている作品を

www.e-hon.ne.jp

 

ハチクロで有名な羽海野チカさんの『3月のライオン』です

既刊12巻、未完です

将棋が題材ですが、将棋がわからなくても大丈夫です、僕はいまだに各駒の動きもよくわかっていません

主人公・桐山を中心にした各棋士たちの「自分との戦い」を見て、何か感じるものがあればいな、と

ですが個人的な白眉は、ヒロイン(だと僕は勝手に思っている)であるひなちゃんの「戦い」です

あー、ひなちゃんと結婚したい

って思いました

 

人生かけまーす、わーーーーーーー。